院長挨拶

院長挨拶

greetingno

信頼できる医療を患者様に、もっと身近に,という理念を掲げ、1961年に開業した野村病院。現在はそれを引き継ぎ野村メディカルグループの中核として地元密着型の診療を継続しております。

開業当時の約50年前に比べ医療ばかりかそれを取り巻く社会環境は大きく変貌を遂げました。遺伝子治療をはじめとする高度医療の発達は目覚ましいものが有ります。以前なら治療困難と判断された患者様でも先端医療により社会復帰される方や、迅速な救命処置により短期間で退院される方も非常に増えています。しかし一方で少子高齢化から独居高齢者が増えており、かつてなら家族や近隣住民の援助を受け天寿を全うされていたであろう方が、軽微な疾患で体調を崩され周囲の援助なく病状が悪化、治療の遅れから亡くなられる方も見られるようになってまいりました。また認知症の進行により高度医療の恩恵も受けられない患者様も急増しております。

当院は大学病院レベルの高度医療は提供できません。しかしきめ細かい診療、看護、介護、その他医療資源を集約する形で提供し、近隣の高度医療施設、療養病院、個人クリニック、高齢者施設の医師の方々、その他のスタッフの皆様と連携、協力体制を密にし、急速に進行する少子高齢化社会に対応すべく地元住民の皆様に貢献する所存です。今後とも宜しくお願い申し上げます。

PAGETOP